コラーゲンと皮膚の関係


* コラーゲン「天使のララ」でしっとりぷるるん♪美肌デビュー *
女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達の低分子フィッシュコラーゲン!
リピーター続出の実力派です。 しっとりプルプルのお姫肌に!


コラーゲンと皮膚の深いかかわり

美肌にコラーゲンが欠かせないというのは、よく知られていますが、
そのコラーゲンは、皮膚にどのような影響を与えているのでしょうか。

 

コラーゲンの新陳代謝を高めれば、細胞の新陳代謝が活発になり、
全身の新陳代謝が促がされて、若々しい健康な身体でいられます。
コラーゲンは、細胞をとり巻く環境の主役なんですね。

 

皮膚は、一番外側から、表皮、真皮、皮下組織 ( 皮下脂肪 ) があり、
この3層から成り立っています。私たちがふだん目にしているのは
表皮の部分になりますが、これは表面だけの薄いものです。皮膚の
本体というのは、意外にも真皮の部分なのです。

 

その真皮は、20歳をピークに年とともに薄くなり、老年期には
20歳のときより、約80%も薄くなってしまいます。

 

真皮全体の約70%をコラーゲンが占めていますが、加齢に伴い新陳
代謝が衰えると、コラーゲン同士が結びつく不自然な架橋が増えてきます。

 

架橋が増えると水分を保つ場所が狭められることから、保湿効果が衰え、
カサカサで弾力のない皮膚になっていきます。このようにして、皮膚と
コラーゲンの老化には、深いかかわりがあるのです。

 

そこで、コラーゲンを補給して新陳代謝を活発にすれば、コラーゲン
の架橋の増加を阻止できます。すると、水分の保持能力も衰えず、
みずみずしくハリのあるプリ肌が、しだいに戻るようになります。

* アスタリフト *
   松田聖子さんのCMで話題の「ASTALIFT」トライアルキット
   CoQ10の1000倍パワー!アスタキサンチン配合
   ピン!とはずむ上向き美肌へ♪ ライン